人は汗で体温調節します

人は汗で体温調節しますが、予期せぬ多量の汗が出てしまい、毎日の生活に差し障りの出る症状を多汗症と言います。
ワキから汗が多く出る状態を『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、若年層から成年期に数多く発症し、仕事やスポーツ、レジャーなどの通常生活で制限がありなかでも心理面、精神的に苦痛をきたす疾患でもあります。
しかし、医療機関で治すことができます。
どのような治療方法があるのかをネットや書籍でよく調べましょう汗を出す汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2種類があります。
体中に存在する『エクリン腺』から分泌する汗は、9割強が水の成分なので、サラリとしていて臭いにくい汗です。
緊張した時や辛いものを食べた時に手の平や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺から出ています。
顔汗の量がとても多い「多汗症」もエクリン腺から出る汗が原因です。
思春期に脇や乳首など、特定の部位に発育する『アポクリン腺』の汗も、かいてすぐは臭うことはありません。
ただし、対策しないまま時間が経過すると細菌が汗を分解して、腋臭とわかる匂いを発生します。
そのうえ、色素成分含有するため、黄ばみや汗ジミになってしまいます。
ワキガのもとになる汗とは、ワキに集中してある「アポクリン汗腺」がもとになっています。
このアポクリン汗腺を通してかく汗は、淡い黄色みがある白い色をしてます。
脂質やタンパク質が多く含まれています。
エクリン汗腺から分泌される汗とは異なる汗に、脇毛などに生息している雑菌などが腐敗していくことによりワキガが生じていきます。
臭いを防ぐためにデオドラントクリームを活用する事もできますが、この場合はワキガ体質や軽いワキガになっている人にとって治療と言うことができます。
塩化アルミニウム液、臭化プロバンテリン、そして渋皮エキス。
これらは効果が高いと言われています。
しかし、体の健康状況が悪い時、精神的に不安定だったり、自律神経が混乱している事もありワキガ臭が激しくなることが考えられる人には、その状態に対処するための薬がでる事もあります。
皮膚の常在菌は恐いものではなく、どんな人の皮膚にもいるのもので、皮膚を病原菌などから守ります。
病原性は示されていません。
雑菌は、体から分泌される様々な物質を分解する時に、臭いの原因となる物質を作成します。
この元が、ワキガや足の臭いになっていきます。
この情報だけだと、結局ワキガを持っている人は足も臭い人と思いますか。
いいえ。
それは違います。
足の臭い。
ワキガの臭い。
それは雑菌によって分解するものが違うので違うものになります。
驚くことに、汗自体にはほとんどニオイがありません。
脇汗もかきはじめはニオイません。
しかし、発汗してケアをないがしろにして時間が過ぎると、脇汗が衣類に染み込み、それが原因菌に変化して、汗臭いニオイや、ワキガのニオイを発するようになるのです。
今まで以上に発汗が増えると細菌も活発に汗を分解するために、ケアしない状況でいるとぐんぐん臭気レベルが上がります。
真夏日やスポーツをしたときの汗のニオイが気になるのはそのせいです。
脇の「保湿」は制汗効果につながります。
肌は乾燥をすると、皮膚の乾燥を防ぐために皮脂、汗を分泌しはじめます。
これは重要な体の機能と言えますが、この効果が脇で発揮されると、ワキガというトラブルが発生します。
ワキガを抑えるクリームの中には、オウゴンエキス、またはアロエエキスなど植物性のエキスや、海藻エキスなどの保湿成分が入っているものが多く、これらが含まれていれば制汗効果が期待できます。
バナナは体臭の予防効果が期待されているビタミンCが少量しかない、しかし食物繊維、カリウム、カロチンなど他の成分が多く含まれる食品と言えるので、体臭の予防効果が期待することができる食品だ。
わきがの予防にも効果があるかもしれないですね。
さらに、バナナに含まれるブドウ糖には体内でエネルギーに変換しやすくその反面、乳酸を作り出すことを抑えるので運動を始める時に取り入れることで脇汗のアンモニア臭の臭いを予防する働きが期待できます。
汗の臭味は内臓を患っている人や多汗症などの病気の人を除けば、お風呂でからだを毎日洗うことや、不必要に発汗しないようにするなど、身なりを整えることの一つとして配慮することができます。
特に汗が出やすい季節は、知らない間に他人に迷惑をかけていることが往々にしてあります。
ちゃんと汗の対策を考え、「汗臭い!」と影で言われないように対策を取っていきましょう。
わきがの適切な治療の方法と子供にとっての良い治療のタイミング、そして適切なクリニックを見つけることができれば手術を何度もすることもなくたった一度の治療で治ることができます。
発育や臭味のレベルによって、子どもにとっての最善の選択が違ってきます。
今、すぐ手術することは考えていないという考えの子供もいると思いますので、お子様とコミュニケーションをとりながら最もよい方法と、最適な時期を見つけてましょう。
少しでも早く簡単にできるわきが対策があると、理想です。
望みとしては、手術みたいに費用がかかり傷が残る可能性は避けたいと思います。
では、わきが対処のやり方としてまず取り組むことができるのは「わきが用クリーム」を使うことです。
1回?2回。
1日に塗るとわきが臭がもし消えるなら、嬉しくなりませんか。
しかし、わきがクリームと言っても様々な製品が存在するので、選ぶときには考えることが必要です。
わきが臭の元はアポクリン腺という汗腺の汗が元です。
でも、汗は無臭なのです。
皮脂とエクリン腺から排出された汗が混ざって、雑菌によって分解をされ、匂いがでてくるのです。
脇毛には臭いを作る雑菌が住みやすくなるので始末したほうが良いです。
でも、毛抜きで抜くのはやめましょう。
アポクリン腺を通った汗がでてきやすくなります。
脇毛は、抜くのではなく剃ることで対処しましょう。
日本に比べると、欧米はワキガ体質の人が多いです。
その違いを考えると、食文化の影響は大きいと言えるかもしれません。
高脂肪・高カロリー。
こうした食べ物は皮脂腺やアポクリン腺を活発にします。
その逆に魚や穀物、野菜ではポリフェノールをはじめビタミンなどワキガという体質の改善に効果を発揮すると言われる栄養が含まれます。
こうした事を考えると、野菜・魚を中心にした食生活の日本とは逆に、肉が食の中心になっている欧米にワキガ体質になりやすいのも考えられます。
女性の中でラポマインをわきがケアに取り入れる方も増加傾向にあります。
ラポマインの中でもラポマインなどをわきがケアで使うことで、ますます保湿力が上がり、乾燥することはありません。
ラポマインの量を調節することによっても違った効果が表れますので、適度な量のラポマインをぜひ使ってみてください。
ラポマインの使用する期間によって左右されるので、まとめて割引価格で購入しましょうわきがケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、また潤いを保つことです。
しっかりと汚れを落としてキレイにしないとわきの肌表面のトラブルが起こる要因となります。
そして、肌の乾燥も外部の刺激から肌を守る機能を退化させてしまうため、保湿を欠かすことがないようにしてください。
でも、潤いを与えすぎることもわき肌のためにはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。