『エクリン腺』と『アポクリン腺』とは汗を分泌する汗腺のことです

『エクリン腺』と『アポクリン腺』とは汗を分泌する汗腺のことです。
『エクリン腺』は全身にあり、エクリン腺から出る汗は、9割強が水の成分なので、サラリとしていて臭いにくい汗です。
ストレスを感じた時や恥ずかしい思いをした時に手の平や足裏、脇などに出る汗は、このエクリン腺から出ています。
手汗の量が多い「多汗症」もエクリン腺から分泌される汗が原因です。
思春期に脇や外陰部など、決まった部分に発達する『アポクリン腺』の汗も、流れでた直後はほぼニオイがありません。
ただし、ケアしないまま時間が経つと肌の細菌が汗を分解して、腋臭とわかる匂いを発生します。
しかも、粘度があり色素も含むため、黄ばみや汗ジミの元になります。
あまり知られていませんが、汗は臭わないんです。
脇汗だって同様です。
しかし、発汗してケアをないがしろにして時間が過ぎると、脇汗とともに細菌も増えてゆき、それがニオイの原因物質に変化して、汗臭いニオイや、ワキガのニオイを発するようになるのです。
さらに、汗の量が多くなると汗を分解する細菌が繁殖しやすい環境になるため、ケアしない状態でいるとより一層ニオイを発します。
夏やスポーツをした時の汗のにおいが気になるのはそのためです。
ワキガの原因となる汗は、ワキで多く造られている「アポクリン汗腺」に原因があります。
アポクリン汗腺から流れる汗は、淡い黄色みがある白い色をしてます。
体内の脂質やタンパク質が含まれていることが分かります。
エクリン汗腺とは異なる所から発汗される汗を、脇毛などに生息している菌が分解されることでワキガを発生させます。
アポクリン腺という汗腺の汗がわきが臭の元ですが、本来汗は無臭です。
エクリン腺を通って出た汗と皮脂が混じることで、雑菌が分解をし、匂いを発生させます。
脇毛はわきが臭を作る雑菌が住みやすくなるので始末したほうが良いです。
でも、毛抜きで抜くのはやめましょう。
アポクリン腺を通った汗がでてきやすくなります。
脇毛は抜くのではなく剃るようにしましょう。
どんな人の皮膚にもいる、皮膚常在菌は病原性はなく、病原菌などから皮膚を守るためにいます。
雑菌が、体から出ている物質を分解していくときに臭いの原因物質を作り出します。
これが嫌なワキガ臭や足の臭いになるのです。
これだけ聞くと、やはりワキガの人は足の臭いもやっぱり強烈なのではないかと思うかもしれませんが、答えはNOです。
足の臭い。
ワキガの臭い。
それは分泌する物によって雑菌が分解するものが違うから異なります。
わきがの治療の方法。
そして、お子さんの時期に治療するタイミング。
また良いクリニックに出会うことができれば、何度も手術を受ける必要もなくたった一度の治療で治ることができます。
体の伸びや臭いの程度によっても、お子様にできる方法を選択することができます。
手術はもう少し先になってからというお子さんもいることでしょう。
お子さんの考えを聴きながら都合が良い時期と、治療方法を見つけましょう。
ワキガになる人が多い欧米。
少ない日本。
その違いは、食文化の影響が大きいと考えられます。
高脂肪・高カロリー。
こうした食べ物は皮脂腺、アポクリン腺が働きやすくなります。
逆に穀物や野菜、魚にはビタミンやポリフェノールなどワキガ体質の改善に有効な栄養素が含まれています。
この点を見るだけでも、野菜や魚が食の中心になっている日本。
それに対し、肉類中心の欧米にワキガの体質で困る人が多いことも同意ができるます。
内臓の働きのために汗の臭いがきつかったり多汗症などの病気の人を除けば、からだを毎日ていねいに洗い、制汗する方法を使うなど、身支度の一つとしてコントロールすることができます自分では感じていなくても、特に暑い季節の時は他人を煩わせていることもあるかもしれません。
しっかりとデオドラント対策して、影で、「汗臭い!」と評判にならないためにきちんと気を配りましょう。
わきがケアといえばラポマイン!という女性も最近多くなってきています。
わきがケアの際にラポマインなどを使うことで、保湿力効果で、さらにわき肌がしっとりとなるでしょう。
ラポマインの塗り方を変えることによっても異なる効果が表れますので、適度な量の、自分のお肌に合ったラポマインを活用しましょう。
継続することが重要ですので、ラポマインを購入する際は、キャンペーンの時などに安く手に入れましょう「保湿」をすることは脇の汗を抑えることにつながります。
肌は乾くと、皮膚を乾燥させないために汗をかいたり皮脂を出したりします。
これは体の重要な機能ですが、脇でこうした機能が効き目を表すと、ワキガなどの問題がでてきてしまいます。
ワキガを対処するためのクリームには、アロエエキス、オウゴンエキスなどの植物エキスや、保湿成分として海藻エキスなども活用されているものも多く、これらが含まれていれば制汗効果が期待できます。
デオドラントクリームなど臭いを防ぐこともできますが、ワキガ体質の場合や軽度のワキガの人に対応できる治療と言われています。
塩化アルミニウム液、臭化プロバンテリン、そして柿渋エキスなどは、効果が高いようです。
でも、健康状態に問題があったり、メンタルのバランスが崩れているときは、自律神経が混乱している事もありワキガの問題が出ている可能性がある人には、それらに働きかける薬も処方されることもあります。
わきがケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと乾かないようにすることです。
洗浄をきちんと行わないとわきの肌表面の異常の原因となります。
また、肌の潤いが失われてしまうことも内側の水分が逃げていかないようにする機能を弱めてしまうので、保湿を必ずするようにしてください。
でも、潤いを与えすぎることもよくないことです。
わきがの対策は、簡単で早くできらた嬉しいですよね。
望みとしては、手術みたいに費用がかかり傷跡というリスクも伴う方法は避けたいです。
では、わきがの対策方法の中でも最初に取り組むことができる方法、そして役立つものが「わきがクリーム」と言えます。
1日1?2回程度塗るだけで、嫌なわきがの臭いが消えてくれるなら、気分も良くなりますよね。
しかし、わきがクリームと言っても製品が様々ですので、選ぶときに注意が必要です。
人間が汗をかくのは絶対に不可欠な生理現象の一つですが、びっくりするほど汗が出てしまい、毎日の生活に差し障りの出る症状を多汗症と言います。
ワキから汗が多く出る状態を『腋窩多汗症』と言います。
腋窩多汗症は、若い人に多く見られ、仕事やスポーツ、レジャーなどの通常生活で制限があり精神的に非常に苦しむ病気です。
しかし、医療機関で治すことができます。
どんな改善方法があるのかを医療機関に問い合わせてみましょう。
バナナは体臭の予防効果が期待されているビタミンCが少量しかない、しかし食物繊維、カリウム、カロチンなど他の成分がたくさん含まれる食材と言える。
体臭予防食品と考えても問題がないと考えられる。
わきがの予防にも効果があるかもしれないですね。
さらに、バナナに含まれるブドウ糖には体内に入るとエネルギーに変換されやすく、その反面、乳酸を作り出すことを抑えるので運動するときに食べると脇の汗などのアンモニア臭を予防する効果も期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。